世界の自動車運転免許 (編集中)

  • 世界共通の免許条約

世界には、大きく分けて現在有効な2つの運転免許に関わる条約が存在する。日本は、1.ジュネーブ条約に加盟しており、同条約に加盟している国同士では基本的な運転に関するルールを共通としている。(例外多数あり)

下記に概要を記載するが、詳細については別途ページを設ける。(2016年3月時点未作成)

1.ジュネーブ条約(1949年)
2.ウイーン条約(1968年)
  • EU免許(欧州連合)

  • 欧州経済領域(略称EEA)に於いて用いられている共通のクレジットカード型の免許証である。同地域内では国際免許等は不要であり、自国の運転免許でそのまま運転が可能。運転できる車両カテゴリーも統一され、普通車や2輪の場合は概ね10年有効だが、国によっては15年または普通車だけ一生涯有効など若干の差異がある。
  • US免許(米国)

  • 各州ごとに制度があり、州ごとに免許の発行を行っている。そのため、クラスやデザインも州ごとに異なる。そのため、引っ越しなどで住所がある州が変わると一部は再試験(簡易テスト)及び免許証のデザイン自体大きく変更になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です