日本の運転免許の不思議(ゴールド免許)

前談

当方は40歳になってやっとこそ初の優良運転者(ゴールド免許保持者)となった身である。
そのようなものがこのようなコラムを書くのはどうかと思うが、ゴールド免許の恩恵は小さくない。
そこで、今回は日本の免許に対して不思議に思った事をゴールド免許取得までの道のりを調査し、またその調査の上発見した矛盾点などを含めて本件をまとめたいと思う。

ゴールド免許の恩恵

・免許更新期間が5年にある(一部の青免許所持者も同じ)
・免許更新費用が安くなる(発行料2500円+講習費用600円=合計3100円)
・免許更新の講習時間が短い(優良運転者講習は30分)
・自動車保険料が安くなる(任意保険) ← 最も恩恵が大きい

**その他、ゴールド免許所持者にしか発行されないSD(セーフティドライバー)ゴールドカードで全国で割引を受けられる制度などもあり、こちらについては発行のために交通安全協会等に優良で発行となるため、ここでの詳しい記載は除外するが、興味のある方は是非交通安全協会のホームページを確認下され。

ゴールド免許最短コース(無違反者)

日本で初めて運転免許を取得してゴールド免許になるまでの最短期間・年齢はどれほどか、調べてみた。

下記は、最短期間を算出ために誕生日直前に初めて免許を取得したと想定する。
算出条件:
・16歳0か月で何かしらの免許を取得
⇒二輪(以下、原付・小型特殊含む)免許取得
・無事故無違反であること

16-0

・16歳0か月で免許を取得し、18歳で別の種類の免許を取得すると、18歳で青免許となる。
例:16歳で二輪免許⇒18歳で普通自動車免許
・16歳0か月で免許を取得し、21歳0か月以降に別種類の免許を取得した場合、22歳0か月でゴールド免許となる。
例:16歳で二輪免許⇒21歳0か月で普通自動車免許

まとめると・・・
・初めて運転免許を取得してゴールド免許いなるまで、理論上最短で5年0か月かかる。
・要するに、ゴールド免許を取得するための最少年齢は理論上21歳と0か月となる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です